運転免許の種類と区分

| 未分類 |

日本では、運転免許は3つに区分されています。即ち、第一種免許と第二種免許、それに仮免許です。第一種免許は自動車などを運転する場合の免許ですが、旅客自動車や代行運転のための自動車を運転することはできません。第二種免許では、乗り合いバスやタクシーなどの旅客自動車や、代行運転のための自動車を運転するための免許です。そして、仮免許は、第一種免許を取得しようとする人が、練習のために運転する場合の免許です。

 
免許の種類は、8種類あります。普通免許、中型免許、大型免許、それに二輪車に対して、原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許です。また、特殊免許として、小型特殊免許と大型特殊免許があります。それぞれの免許によって、運転できる自動車や原動機付き自転車が異なりますので注意が必要です。一般的に大抵の人が持っている普通免許の場合、普通自動車の他に小型特殊自動車と原動機付き自転車を運転することができます。小型特殊自動車とは、全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高は2.0から2.8m以下の、カタピラを有する自動車で、最高速度は時速15km以下のものを言います。主には農耕作業用の自動車ですが、その場合には全長、全幅、前項の制限はありません。また、原動機付き自転車とは、いわゆる原付バイクと呼ばれるものです。