免許取り消しや停止になる場合

| 未分類 |

自動車を運転していると、交通ルールを違反してしまったり、過って事故を起こしてしまうことがあります。

 
犯してしまった違反内容別に点数が定められており、それが一定点数累積することで運転免許の取り消しや停止等の処分が下ることとなるのです。
免許の取り消しと停止の違いは、前者がその名の通り免許を取り上げられる処分であることに対して、後者は一時的に免許の効力を停止させられるということです。

 
また取り消しの場合は、一定期間免許を取得できない欠格期間という制限が設けられます。
では、どのような時に免許取り消しとなり、どのような時に免許停止となるかですが、一発で取り消し処分となる行為は決まっています。それは飲酒運転や無免許運転、悪質な事故を起こした場合です。

 
飲酒運転と悪質な事故は関連性が高いため、当然処罰も重くなります。またうっかり免許の更新を忘れて運転をしてしまうと無免許運転となりますので注意が必要です。

 
それ以外で免許が取り消されるのは、違反点数が15点以上になった時や免許停止処分が度重なったような時です。

 
基本的に前歴がなければ、免許が停止されるのは違反点数が6点以上からとなっていますが、前歴が3回となると2点で停止処分が出て、4点で取り消し処分となるのです。

 
免許の取り消しや停止が行われると、日常に支障をきたすという人も少なくないはずです。交通ルールをしっかり守って安全運転を心掛けるようにしましょう。