取消処分者講習制度

| 未分類 |

私たちの日常生活に欠かせないものとして自動車の存在を挙げることができます。
日常生活においての使用や仕事での使用、さらには趣味やレジャーでの使用など、単なる乗り物という枠を超えて、私たちの生活の中に根付いていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

自動車を運転するためには運転免許証が必要となります。免許は18歳以上になれば取得可能となり、一般的には自動車学校に通って知識と技術を身につけ、免許センターで学科試験に合格することで取得ができます。

 

 

しかし、自動車の運転免許証は一度取得すれば一生有効というわけではなく、違反をして違反点数がたまると免許の取り消し処分を受けることもあります。

 

 
それでは免許の取り消し処分を受けてしまった場合、もう運転はできないのでしょうか。

 
実は取消処分者講習制度というものがあり、講習を受け再試験に合格することによって、免許の再取得が可能となっています。
運転免許の取り消しを受けた場合、違反点数によって欠格期間が設定されます。この欠格期間終了後、取消処分者講習を受講し、実技試験、学科試験に合格することで免許が取得できるのです。

 

 

取消処分者講習は受講後1年間は有効となり、この有効期間内であれば、いつまでに試験を受けなければならない、といった決まりはありません。