更新と変更の流れ

| 未分類 |

運転免許証を更新する場合には、定められた期間内に手続きをしなければなりません。運転免許証に記載されている有効期限の1か月前から手続きを行うことが可能で、その少し前に警察署或いは運転免許センターなどから案内のはがきが届きます。このはがきを受け取って、定められた期間内になったら、運転免許センター、運転免許試験場、或いは警察署などに行って、申請書をもらって必要事項を記載します。この時、新しい免許証に使用するための写真も必要となりますので忘れずに持参します。視力や聴力を補正している人は、眼鏡や補聴器も持参します。このとき、行政処分中の方、即ち面体中の方は、行政処分執行指示書も合わせて持参します。そして、視力を検査してもらって、問題なければ講習を受けて終わりです。運転免許センターや運転免許試験場ならば即日で新しい免許証を交付してもらえるところもありますが、警察署の場合には大抵後日交付となりますので、2週間程度待たなくてはなりません。

 
住所や氏名など、運転免許証に記載されている事項に変更があった場合には、早めに手続きを行わなければなりません。記載事項の変更の場合には、手続きを行うための手数料は無料となっています。記載事項に変更があった場合には、運転免許証の裏側に新しい事項が記載されますので、免許証自体を作り直すわけではありません。