仮運転免許

| 未分類 |

運転免許には3つの区分があります。

第一種免許、第二種免許、仮運転免許の3つです。

ここから仮免許について詳しくみていきます。
仮免許は第一種免許、第二種免許をとる過程に必須の免許です。路上に出て運転の練習をする際に必要になります。既に免許をお持ちの方は、教習所内でテストを受け、合格し、仮免許を手に入れた記憶があるはずです。

 
仮免許には様々な制限があります。仮免許を持った本人だけでは自動車を運転できません。助手席に規定を満たした人を乗せていないといけないのです。第一種免許を持って3年以上の人、第二種免許を持っている人または教習指導員です。また、運転する車には仮免許練習標識を前後につけておく必要があります。このような規定を守って初めて、車を運転できるのです。

 
そして、仮免許には有効期限があります。その免許試験の適性試験を受けた日から6か月です。この期限の間に法で定められた規定の練習を積み、試験に合格し、免許をとらないといけないのです。この期間に免許をとりきらないと、仮免許が期限切れになり、また一からやり直しになってしまいます。
仮免許をとってからは、路上の運転がメインになります。難しいと感じると思いますが、日は空けずに車に乗り、免許をとってしまうことをお勧めします。