» 未分類のブログ記事

取消処分者講習制度

| 未分類 |

私たちの日常生活に欠かせないものとして自動車の存在を挙げることができます。
日常生活においての使用や仕事での使用、さらには趣味やレジャーでの使用など、単なる乗り物という枠を超えて、私たちの生活の中に根付いていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

自動車を運転するためには運転免許証が必要となります。免許は18歳以上になれば取得可能となり、一般的には自動車学校に通って知識と技術を身につけ、免許センターで学科試験に合格することで取得ができます。

 

 

しかし、自動車の運転免許証は一度取得すれば一生有効というわけではなく、違反をして違反点数がたまると免許の取り消し処分を受けることもあります。

 

 
それでは免許の取り消し処分を受けてしまった場合、もう運転はできないのでしょうか。

 
実は取消処分者講習制度というものがあり、講習を受け再試験に合格することによって、免許の再取得が可能となっています。
運転免許の取り消しを受けた場合、違反点数によって欠格期間が設定されます。この欠格期間終了後、取消処分者講習を受講し、実技試験、学科試験に合格することで免許が取得できるのです。

 

 

取消処分者講習は受講後1年間は有効となり、この有効期間内であれば、いつまでに試験を受けなければならない、といった決まりはありません。

初心運転者期間制度

| 未分類 |

運転免許を取ってから1年の間は初心運転者期間とされていて、この期間中に基本的には3点の点数がつくと初心者講習が課せられます。受講は任意ですが、受けないと再試験を受験しなければならなくなります。受講をしなかった場合や、受講後、初心運転者期間中に再び一定の点数が加算されると、今度は実技を含む運転免許の再試験を受けなければならなくなります。このような制度を初心運転者期間制度といいます。

 

 

ピカピカ03
初心者運転者講習は原付車講習の4時間を除き、他は7時間の受講時間と、ほぼ1日拘束されるうえに、受講料金も概ね1万円以上、免許の種類によっては2万円近くかかります。それでもこの講習を受講すれば運転免許試験の再試験は免れます。任意ではありますが、しっかりと受講すべきといえるでしょう。
再受験となった場合、通常、自動車学校を卒業して試験を受ける場合は実技試験は免除されますが、この場合は実技は免除になりません。実技と筆記の両方に合格しなければならないため、合格率はそれほど高くはありません。もし不合格となった場合は実質免許取り消しとなります。免許停止とは違いますので、再び試験に合格しない限りは自動車等を運転することができなくなります。

 

 
1度免許を取ったのなら、何年経っても安全第一に運転すべきですが、初心運転者期間中は特に気をつけて、せっかく取った免許が取り消しにならないようにしたいものです。

免許取り消しや停止になる場合

| 未分類 |

自動車を運転していると、交通ルールを違反してしまったり、過って事故を起こしてしまうことがあります。

 
犯してしまった違反内容別に点数が定められており、それが一定点数累積することで運転免許の取り消しや停止等の処分が下ることとなるのです。
免許の取り消しと停止の違いは、前者がその名の通り免許を取り上げられる処分であることに対して、後者は一時的に免許の効力を停止させられるということです。

 
また取り消しの場合は、一定期間免許を取得できない欠格期間という制限が設けられます。
では、どのような時に免許取り消しとなり、どのような時に免許停止となるかですが、一発で取り消し処分となる行為は決まっています。それは飲酒運転や無免許運転、悪質な事故を起こした場合です。

 
飲酒運転と悪質な事故は関連性が高いため、当然処罰も重くなります。またうっかり免許の更新を忘れて運転をしてしまうと無免許運転となりますので注意が必要です。

 
それ以外で免許が取り消されるのは、違反点数が15点以上になった時や免許停止処分が度重なったような時です。

 
基本的に前歴がなければ、免許が停止されるのは違反点数が6点以上からとなっていますが、前歴が3回となると2点で停止処分が出て、4点で取り消し処分となるのです。

 
免許の取り消しや停止が行われると、日常に支障をきたすという人も少なくないはずです。交通ルールをしっかり守って安全運転を心掛けるようにしましょう。

更新と変更の流れ

| 未分類 |

運転免許証を更新する場合には、定められた期間内に手続きをしなければなりません。運転免許証に記載されている有効期限の1か月前から手続きを行うことが可能で、その少し前に警察署或いは運転免許センターなどから案内のはがきが届きます。このはがきを受け取って、定められた期間内になったら、運転免許センター、運転免許試験場、或いは警察署などに行って、申請書をもらって必要事項を記載します。この時、新しい免許証に使用するための写真も必要となりますので忘れずに持参します。視力や聴力を補正している人は、眼鏡や補聴器も持参します。このとき、行政処分中の方、即ち面体中の方は、行政処分執行指示書も合わせて持参します。そして、視力を検査してもらって、問題なければ講習を受けて終わりです。運転免許センターや運転免許試験場ならば即日で新しい免許証を交付してもらえるところもありますが、警察署の場合には大抵後日交付となりますので、2週間程度待たなくてはなりません。

 
住所や氏名など、運転免許証に記載されている事項に変更があった場合には、早めに手続きを行わなければなりません。記載事項の変更の場合には、手続きを行うための手数料は無料となっています。記載事項に変更があった場合には、運転免許証の裏側に新しい事項が記載されますので、免許証自体を作り直すわけではありません。

 

 

運転免許の仕組み

| 未分類 |

自動車の運転免許には第一種運転免許と第二種運転免許があります。第一種のほうは一般的な目的で運転するのに必要な免許です。対して第二種は旅客自動車(バスやタクシー)で人を乗せて報酬を得る目的で運転する際に必要な免許です。

 

 

最近よく目にする老人ホームなどの送迎ですが、これには第二種運転免許が必要だと思いますか?

 

 

実は必要ないのです。なぜならこういった送迎サービスはそれ自体で報酬を得るのが目的ではなく、あくまで付加サービスなので必要ないのです。またバスやタクシーと違い長時間運転しているわけでは無いというのも必要ない理由の一つです。

 

 

第一種しか持たない一般の人も、助手席や後部座席に家族・友人・知人を乗せて運転します。この際も運転に責任が持てない同乗者がいるわけですから運転は業務であるとみなされます。これは一人で車を運転する場合も同様です。運転免許証を持っているということは、それだけの技能を持っていると認められていることですから責任が発生します。ですから事故を起こしてしまった場合は「業務上過失~」となるわけです。ピカピカ02

 

 

 

ではなぜ第二種運転免許があるのかというと、人を運ぶことを目的とした旅客運転には、特に技術が必要であるとされているからです。

仮運転免許

| 未分類 |

運転免許には3つの区分があります。

第一種免許、第二種免許、仮運転免許の3つです。

ここから仮免許について詳しくみていきます。
仮免許は第一種免許、第二種免許をとる過程に必須の免許です。路上に出て運転の練習をする際に必要になります。既に免許をお持ちの方は、教習所内でテストを受け、合格し、仮免許を手に入れた記憶があるはずです。

 
仮免許には様々な制限があります。仮免許を持った本人だけでは自動車を運転できません。助手席に規定を満たした人を乗せていないといけないのです。第一種免許を持って3年以上の人、第二種免許を持っている人または教習指導員です。また、運転する車には仮免許練習標識を前後につけておく必要があります。このような規定を守って初めて、車を運転できるのです。

 
そして、仮免許には有効期限があります。その免許試験の適性試験を受けた日から6か月です。この期限の間に法で定められた規定の練習を積み、試験に合格し、免許をとらないといけないのです。この期間に免許をとりきらないと、仮免許が期限切れになり、また一からやり直しになってしまいます。
仮免許をとってからは、路上の運転がメインになります。難しいと感じると思いますが、日は空けずに車に乗り、免許をとってしまうことをお勧めします。

第二種運転免許

| 未分類 |

自動車の免許の種類には、非常に数多くのものが用意されていますが、一般的には第一種運転免許と呼ばれているものを最初に取得することが広く行われています。

ピカピカ01

 

その後に必要に応じて異なる自動車免許を取得することが基本とされており、仕事上として必要になった際にも取得される方が多い傾向にあります。その中には第二種運転免許と呼ばれているものがあり、取得の際には一定の規定というものが用意されています。メインとされている内容では、21歳以上の方を対象としていたり、指定されている車両の運転歴なども必要になるケースもあり、この点に関しては例外を除くと3年以上の運転歴が求められています。いわゆる二種免許の場合では、金銭などを受け取って旅客として活用するような車両を運転するならば、必ず必要とされている免許として知られています。

 

 

車両に関しては、営業ナンバーと呼ばれているものが基本とされており、具体的にはタクシーや観光バスなどが対象となります。目的に関しては、多くの方の安全を守ることが前提とされているために、免許取得時にも再び学習しなければならない項目や、運転技術は勿論のことですが、マナーなどの細かい部分に関しても重んじられる傾向にあります。

第一種運転免許

| 未分類 |

自動車の運転免許にはいくつかの種類があります。その中で、最もオーソドックスで多くの人が取得しているのが「第一種運転免許」でしょう。普通自動車の運転や原付の運転が認められた免許です。これについてもう少し詳しく解説していきましょう。

 

 
細かく分けると、大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許、普通二輪免許、小型特殊免許、原付免許、けん引免許に分かれます。普通免許や原付免許が最もメジャーな免許であるといえるでしょう。

 
タクシーやバスなど旅客を運搬する目的では、第一種ではなく「第二種運転免許」が必要です。こちらも、大型特殊第二種免許、普通第二種免許、大型第二種免許、中型第二種免許、けん引第二種免許のように細かく分かれています。また、第二種運転免許を保有している人は同じタイプの車両の第一種のほうの免許も所有している扱いになるので覚えておきましょう。

 

 
自動車免許にはたくさんの種類があるので、取得する際はこれからの目的に合わせた免許を取るように注意しましょう。せっかく取得した免許が間違った種類の免許では意味がありまさん。不安な場合は自動車教習所のスタッフの人に確認してから受講するようにしましょう。

運転免許の種類と区分

| 未分類 |

日本では、運転免許は3つに区分されています。即ち、第一種免許と第二種免許、それに仮免許です。第一種免許は自動車などを運転する場合の免許ですが、旅客自動車や代行運転のための自動車を運転することはできません。第二種免許では、乗り合いバスやタクシーなどの旅客自動車や、代行運転のための自動車を運転するための免許です。そして、仮免許は、第一種免許を取得しようとする人が、練習のために運転する場合の免許です。

 
免許の種類は、8種類あります。普通免許、中型免許、大型免許、それに二輪車に対して、原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許です。また、特殊免許として、小型特殊免許と大型特殊免許があります。それぞれの免許によって、運転できる自動車や原動機付き自転車が異なりますので注意が必要です。一般的に大抵の人が持っている普通免許の場合、普通自動車の他に小型特殊自動車と原動機付き自転車を運転することができます。小型特殊自動車とは、全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高は2.0から2.8m以下の、カタピラを有する自動車で、最高速度は時速15km以下のものを言います。主には農耕作業用の自動車ですが、その場合には全長、全幅、前項の制限はありません。また、原動機付き自転車とは、いわゆる原付バイクと呼ばれるものです。