第一種運転免許

| 未分類 |

自動車の運転免許にはいくつかの種類があります。その中で、最もオーソドックスで多くの人が取得しているのが「第一種運転免許」でしょう。普通自動車の運転や原付の運転が認められた免許です。これについてもう少し詳しく解説していきましょう。

 

 
細かく分けると、大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許、普通二輪免許、小型特殊免許、原付免許、けん引免許に分かれます。普通免許や原付免許が最もメジャーな免許であるといえるでしょう。

 
タクシーやバスなど旅客を運搬する目的では、第一種ではなく「第二種運転免許」が必要です。こちらも、大型特殊第二種免許、普通第二種免許、大型第二種免許、中型第二種免許、けん引第二種免許のように細かく分かれています。また、第二種運転免許を保有している人は同じタイプの車両の第一種のほうの免許も所有している扱いになるので覚えておきましょう。

 

 
自動車免許にはたくさんの種類があるので、取得する際はこれからの目的に合わせた免許を取るように注意しましょう。せっかく取得した免許が間違った種類の免許では意味がありまさん。不安な場合は自動車教習所のスタッフの人に確認してから受講するようにしましょう。