私たちの生活に欠かすことのできないものの一つとして、自動車を挙げることができます。
ビジネス・プライベートを問わず、私たちは様々な場面で自動車の恩恵を受けていますし、自動車が無ければ困る、という人は世の中に大勢います。
そんな便利な自動車ではありますが、運転をするためには運転免許を取得する必要があります。
自動車免許の取得には年齢制限が設けられており、18歳以上でなければ取得はできません。この18歳というのは試験を受ける段階の年齢となっているので、自動車学校に通うこと自体は17歳のうちからでも可能です。
また、18歳でも高校生は不可、ということはないので、高校3年生の3学期で学校が自由登校となっている時に通って取得することも可能です。

 
免許の取得には自動車学校に通い、そこで学科に関する知識や運転技術を身につけることが一般的です。免許を取得するには各都道府県の免許センターで実技試験と学科試験を通過する必要があります。自動車学校を卒業していれば免許センターでの実技試験は免除され学科試験のみとなります。

 

 

 

自動車学校に通わずにいきなり免許センターへ出向き、試験を受けることも可能ですが、免許センターの実技試験はシビアであり、ベテランのドライバーでさえ合格は難しくなっています。
自動車学校でしっかり技術を身につけるのが、後のことを考えても有効だといえるでしょう。
 
免許がとれたら念願の車を買うと思うのですが、実際の運転に慣れるまでは中古でいいという方も多いのではないでしょうか?ココもあわせて見てみてください。